カードローン 審査 属性

審査で重要な「属性」とは?

属性とは?

カードローンの審査において大きな判断材料となるのが「属性」です。「属性」とは年収や職業、勤務先、年齢、家族構成などの情報そのもののことです。
属性はある一定の基準によって点数化されます。属性ごとの点数を加算して、その合計点数によってお金を貸すか、どのくらいの金額を貸しても大丈夫か、を算出します。

 

属性の審査項目

属性の点数が高いのはどんな人なのでしょうか?審査項目ごとに詳しく見ていきましょう。

 

年齢

一般的に年齢が高いほど評価が高く、若いほど評価が低くなる傾向にあります。ただ、20代後半〜30代はメインターゲット層なので、子評価を高めにしているところも多いそうです。また、60歳を過ぎると定年退職をしている人も多いので、一転して評価が下がります。業者によっては65〜70歳になると申し込み対象外になってしまう場合もあります。

 

職業・勤務先・雇用形態

一番審査に通りやすい職業は公務員だと言われています。一部上場企業の職員よりも公務員の方が上、というのがローン審査の実情のようです。医師や弁護士も評価は高いそうです。これは手に職を持っているので転職に困ることはなく、収入が安定していると判断されるためです。
逆に正社員ではないアルバイト、パート、派遣職員の場合は評価が低くなります。自営業は収入が高くても評価が低くなることがあるようです。
また本人確認資料として提出する健康保険証は、社会保険の方が国民健康保険よりも有利です。これは社会保険の方が収入が安定している職業についている可能性が高いからです。

 

勤続年数

勤続年数の目安となるのは5年です。5年以上務めていれば評価は高くなり、長ければ長いほど高評価となります。逆に1年未満の場合は正社員でも評価が低くなります。

 

年収

年収も高ければ高いほど高評価となります。高評価の目安となるのは400万円と言われています。逆に200万未満の場合は評価が低くなる傾向にあります。

 

また借家よりも持家、独身よりも既婚者の方が評価が高くなります。評価が高ければ点数が高くなり、審査に通りやすくなります。
とは言っても金融機関によって審査基準は異なりますので、このポイントだけで判断せずまずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら