カードローン 在籍確認できない

在籍確認でNGになってしまう事例

在籍確認でNGになる例

在籍確認はカードローンの会社からお金を借りる際に必ず行われることです。会社にカードローンの会社から電話が来るのは抵抗があると思われますが、個人名を名乗ってくれたり、会社の名前をカードローンぽくなく変えてくれたり、先にカードローンの会社に伝えておくことで、家族の名前で電話をしてもらうこともできるようになっていますので、あまり抵抗を感じずに行うことが出来るはずです。
たとえ自分が席を外していた際に電話が来ても、同僚から「○○は今席をはずしています」という一言があれば、在籍確認はOKになるので、それを利用する手もあります。

 

ですが、在籍確認でNGになってしまうケースもあります。あまりないとは言い切れないような場合もあるので注意しましょう。

 

会社の電話が止められている

近くで電線の工事が行われていたり、料金を払っていなかったり等の理由で会社の電話が止まっていて、その際にカードローンの会社からの電話があり通じなかった場合があります。電話が通じないと在籍確認不可とされ、NGになります。

 

電話に誰も出なかった

会社が休日だったり、ちょうど電話に出ることのできる社員がいなかった場合などもNGになってしまいます。会社が休日の際は、その日は電話を避けてほしいという旨をカードローンの会社に伝えておきましょう。
そして、電話に出られないという事態にならない様に誰もいなさそうな場合はなるべく自分で電話を取れるようにしましょう。

 

「在籍していない」と言われる

会社の中には、電話を取った社員が怪しいな?と思った電話の際に「○○という者はいません」と答えるように言われている会社もあります。
在籍していない・いないと言われてしまえば当然在籍確認はNGです。もしもそのように言われている会社に勤めている場合は、「クレジットカードに申し込んだから在籍確認の電話が来る」と同僚に伝えておくといいでしょう。
そうすれば自分がいない時でも在籍していないと言われることはないはずです。もちろん申し込みの書類に、自分が在籍していない会社に在籍していると嘘をついて書くようなことは絶対にしてはいけません。

 

上記の3つのことに注意しましょう。在籍確認も大丈夫大丈夫、と思っていても、実は駄目だった…なんてこと嫌ですよね。気になる点がある場合は、きちんとチェックしておきましょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら