カードローン 在籍確認とは

在籍確認とは

在籍確認とは

在籍確認とは、申し込みをした人…つまり借り入れを行う人ですね。その人の申し込み情報に間違いがないかの確認の電話になります。その際に書かれている会社の情報に間違いがないか、会社に電話がかかります。

 

自分の会社にカードローンの会社から電話が来るなんて、借りる側からしたら嫌ですよね。この人カードローンからお金借りるのか…と思われてしまったりしたら、と考えたら絶対に嫌!って思いますよね。

 

ですが、今のカードローンの会社は、そのような借り入れ側の気持ちも考慮して、電話の際にバレないような内容にしてくれます。

 

例えば、会社の名前をカードローンの会社とバレないような、それっぽい名前に変えたり(例:○○カードローン→○○生命・××キャッシング→××グループ)、担当者個人の名前でかかってきたり(例:田中と申しますが、○○様はいらっしゃいますでしょうか?)します。自分以外の方が受け取っても、何の疑いもなく取り次いでくれます。

 

そして電話に出た際は、担当の方から質問をされます。その質問もとても簡単なもので、生年月日、住所、電話番号等の申し込み内容の確認になります。ですので時間は1分程度で終わってしまいます。

 

更に、自分がその時ちょうど席をはずしていた際などに、電話を取ってくれた人が「すみません、○○は今席をはずしております」と言ってくれれば、それだけで在籍確認がOKになります。席をはずしているという事は在籍しているという事とみなしてくれるからです。ですので、わざとお昼の時間等に在籍確認の電話をお願いするのも一つの手ですよね。

 

しかし、それでも会社に電話をしてほしくないと思う方はいると思います。そんな時は、条件さえそろえば電話連絡をしないカードローンの会社があるんです。

 

それはモビットです。モビットは少し特殊です。

 

WEB完結申し込みというサービスを行っており、申し込みから借り入れまですべてWEBで済んでしまうという事です。WEB完結申し込みを利用することで、電話での連絡がなくなります。
しかし、免除になるのにも条件があります。それは、モビットと提携している銀行の口座を所持していて、その口座を利用しての振り込み貸付、口座振替での返済に同意するということです。

 

しかし、電話連絡を行わなくても可能なカードローンの会社はこれだけです。あとは必ず在籍確認は行われます。しかしお金を貸す側も、きちんと確認しなければ貸すことなんてできないですからね。これは仕方のないことです。
カードローンの会社によっては、電話をする時間の指定や、どういった内容でごまかして電話してほしいかなどを指定することもできる所もあります。バレないようにすることは全然可能になるわけです。

 

もし万が一、同僚などに感づかれてしまった際は、「クレジットカードを申し込んだ」とでも言ってごまかしましょう。クレジットカードも作る際は在籍確認を行いますので、何も言わずに納得してくれることでしょう。
在籍確認自体もすぐに終わりますし、あまり嫌だなぁと思わずに、普通にしていることが一番ですよ。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら