カードローン 総量規制

総量規制とは

総量規制とは、2010年6月18日に施行された年収の3分の1を超える金銭の借り入れを規制する制度のことです。

 

貸付の契約には「個人向け貸付」「個人向け保証」「法人向け貸付」「法人向け保証」の4種類があります。その中で総量規制の対象となるのは個人向け貸付のみです。個人向け貸付とは、個人がお金を借り入れることを言います。ただし、個人が事業用資金として借り入れる場合は原則として総量規制の対象にはなりません。

 

カードローンを申し込んだ場合、カードローン会社は指定信用情報機関が有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査します。総量規制の施行以降、借り入れの残高が50万円を超える場合、もしくは他の貸金業者を含めた借り入れ合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が義務付けられるようになりました。

 

総量規制の対象となる借り入れには以下の借り入れが含まれています。

 

総量規制の対象となる借り入れ

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

 

また、総量規制には除外または例外となる借り入れがあります。

 

総量規制の除外となる借り入れ

総量規制の除外となる借り入れとは総量規制の対象とはならない借り入れで、この借り入れは年収の3分の1借り入れの計算をする際に含まれません。

 

総量規制の対象とならない借り入れ

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費の貸付
  • 有価証券担保の借り入れ
  • 不動産担保の借り入れ
  • 金融取引業者からの500万円を超える借り入れ
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
  • 手形の割引

 

上記の借り入れは総量規制の対象とはならない借り入れです。そのため、総量規制の計算の際に含まれる借り入れは消費者金融からの借り入れ、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングの3つとなります。

 

この3つの借り入れに関しては信用情報に記録が残り、返済の遅延や延滞履歴もチェックされます。

 

総量規制の例外となる借り入れ

総量規制の例外となる借り入れとは、本来なら総量規制の対象となる「消費者金融からの借り入れ」「クレジットカードのキャッシング」「信販会社のキャッシング」ではあるものの、一定の条件を満たす場合例外として総量規制の対象外となるケースのことです。

 

総量規制の例外となる借り入れ

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」にかかる貸付

 

上記の総量規制の例外となる借り入れを利用している場合は、現在の債務の合計から除外して計算することができます。

 

例えば年収が300万円ある人が100万円借入をしている場合、これで既に3分の1となりますが、緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があった時は、これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。

 

また、複数のローンを一本化して金利や毎月の返済額の負担を軽減する、おまとめローンは「顧客に一方的に有利な借り換え」とされているため、総量規制対象外で借り入れすることが可能です。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら