信用情報機関とは

信用情報機関とは

カードローンを利用しようと思ったことがある人なら、信用情報機関という名前を聞いたことがあると思います。
カードローンに限らず、あらゆるローンやクレジットの審査で照会されるのが信用情報機関です。信用情報機関には、クレジットやローン、キャッシングに関する情報が保管されています。例えば毎月のクレジットカードの利用履歴も残りますし、延滞情報も残ります。契約をした金融機関の取引だけでなく、ただ申し込みをした履歴さえ残ります。他社の利用履歴も残るので、どれだけ債務があるかということも分かります。これらの情報を照会することによって、契約に無理がないか、支払い能力はちゃんとあるのかを判断し、融資をするかどうかを決定します。

 

信用情報機関は、全国銀行協会、CIC、JICCの3種類があります。このうち賃金業法上の総量規制によって指定信用情報機関となっているのがCICとJICCです。いずれの情報機関も完済・遅延情報は5年以内で消えます。申し込み履歴は全銀協は1年ですが、他の2つは半年間です。また自己破産や債務整理などの情報は5年から7年間情報が残ると言われています。
なお、金融機関は複数の信用情報機関に加盟していますので、情報は共有されていると思った方がいいでしょう。信用情報機関に照会をして問題なければ、在籍確認に移ります。

 

信用情報機関への照会は本人でも行えます。最近ではインターネット受付か郵送での受付が主流になっています。自分の情報開示を求めるには申込書、手数料、本人確認書類などが必要になります。手続き方法は機関によって異なりますので、詳しくはウェブサイトで確認してみましょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら