カードローン 審査に落ちる原因

カードローンの審査に落ちる原因は?

カードローンに申し込むと必ず審査があります。審査の最終段階で在籍確認が行われるのですが、それ以前の段階で審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

カードローンの審査に落ちるのには何らかの原因があります。一般的には、以下のようなものがカードローンの審査に落ちる原因として考えられます。

 

借り過ぎ

年収の3分の1以上の借入がある、もしくは4社以上から借り入れがある場合は審査に落ちる可能性が高いです。

 

年収の3分の1以上の限度額を希望すると、総量規制に引っかかります。また、他の消費者金融でも借入をしており、その合計額が年収の3分の1を超えてしまう場合も総量規制の対象となるので注意が必要です。

 

借入を少しでも返済してローン残高を少なくしたり、カードローンを解約して借入先を減らすなどして対策しましょう。

 

利用限度額が高い

支払能力を超えた利用限度額を申請すると、審査に落ちる可能性は高くなります。基本的に、利用限度額は収入に見合った金額でなければ審査に落ちてしまいます。

 

初めから大きな利用限度額を申請せず、なるべく少ない額から申請するようにしましょう。

 

申し込みブラックになっている

1か月以内に3社を超える申込をしていると、「申し込みブラック」と言う状態になり審査に通りにくくなります。

 

カードローンは申し込んだだけでその事実が信用情報機関に登録されます。登録が残っている間は審査に不利になってしまうので、もし3社以上続けて申し込んで審査に落ちてしまった場合は、6か月以上期間をおいてから再度申し込むようにしましょう。

 

ブラックリストに載っている

過去に支払いの遅延や滞納がある場合、ブラックリストに載ってしまっているかもしれません。特に3ヶ月以内に支払い遅延や滞納があるとほぼ間違いなく審査に落ちてしまいます。

 

ブラックリストに載らないためには、3ヶ月以上遅延や滞納をせずきちんと支払いを行いましょう。

 

申込書の記入ミス・書類の不備

審査落ちの原因で意外と多いのが申込書への記入ミスや書類の不備です。

 

申込書を書く時は落ち着いてゆっくり記入し、記入後は間違いがないかきちんと確認しましょう。また添付書類が揃っているか、不備がないかもう一度しっかり確認してから手続きを行いましょう。

 

スーパーホワイトになっている

過去にローンカードやクレジットカードをを持ったことがない人を「スーパーホワイト」と言います。スーパーホワイトがなぜ審査に落ちる原因になるのかと言うと、過去に金融事故を起こしたり、偽装やなりすましを疑われるためです。

 

ローンやクレジットカードを利用したことがない場合は、カードを作るなどして利用履歴を作るようにしましょう。

 

 

このほかにも属性によって審査に通りにくくなっている場合もあります。年収、勤務先、雇用形態、勤続年数などはすぐに改善することは難しいと思いますが、カードローン会社によって審査基準は異なるので他の会社なら審査に通る可能性もあります。

 

1社のカードローン会社で審査に落ちてしまったとしても、一定期間を置いて他のカードローン会社に申し込んでみるなどしてみるといいでしょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら