カードローン 実質年率とは

実質年率とは

カードーンやキャッシング等でお金を借りたときは利息が付きますよね。
利子や金利といった言い方をすることもあります。借りた金額(元金)を返済する際にプラスして支払うものになります。
わかりやすく説明をすると、キャッシング会社に支払う手数料のようなものになります。

 

では、実質年利という言葉をご存知でしょうか?
これはカードローンやキャッシングの返済にプラスして支払うものになります。なので、利息とは違うものになります。
え、どういうことなの?と思う方もいらっしゃると思います。
これをきちんと理解をしていないとキャッシングの利用時に返済で困ってしまう場合があるかもしれないので、まずはこちらで実質年利について確認をしておきましょう。

 

利息には、1日単位でかかる「日歩」と、1か月単位でかかる「月歩」、1年単位でかかる「年利」があります。キャッシング会社は年利での表記が義務付けられています。
なので、キャッシング会社の広告などでよく見かける、○○%〜○○%といったような数字のパーセンテージは1年で考えたときの利息ということになります。

 

簡単に言うと、返済をするごとに減っていった元金の残高から支払う利息を計算するということになります。
この実質年率をもとにして、月々の返済にプラスされる利息分を計算することが出来ます。下記をご参考にしてください。

 

計算方法

借り入れ金額×実質年率(キャッシングの会社が表記している%)÷365日×借入期間(借入日から返済日までの日数)

 

実質年率10%の会社で5万円を借りて、返済まで30日間の場合…
すると、50,000円(借入額)×0.1÷365×30(借入期間)=411(1か月分の利息)
という計算になります。

 

このように、毎月の利息を計算することで、毎月返済をしている金額のうち、毎月いくらの元金が返済をされるのか、そしてどのくらいの期間を必要とするのかをシュミレーションすることもできるんです。
申込みや借入を行う前に、上記の表のように自分で計算して、返済について詳しく考えることが重要となります。
各カードローンには返済シュミレーションもできますので、お借入れの前に活用してみるのもいいですね。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら