カードローン メリット デメリット

カードローン利用のメリットは?

主な返済方法が分割払いなところ

 

分割返済は、毎月返済約定日に少額ずつ返済していく方法です。
例えばカードのキャッシングは一括払いが主な返済方法なので、たくさん借りた翌月はたくさん返済することになりますが、カードローンにはこの苦労がありません。

 

足りないと思ったら追加で借り入れできるところ

 

契約時に決めた限度額内でしたら、何度でも借入と返済を繰り返せます。
例えば限度額を100万、初回借り入れ額を10万としたら、あと90万はいつでも追加で借り入れできます。

 

限度額が更新されるところ

 

カードローン利用中収入が上がったり、借り入れ・返済に遅れがないなどで信用できると判断されると、限度額の上限が上がります。
そうすると、もっと多額の借り入れが可能になります。

 

全国どこでも手軽に借りたり返したりできるところ

 

申し込んだあとは、銀行やコンビニなど全国にある対象のATMから引き落としできるようになります。
わざわざ店舗に足を運ばなくてよいのはありがたいですね。

 

銀行ならではの安心感

 

どこにでもあり利用したことのある銀行がおこなっているカードローンであれば、初めての利用でも抵抗感がなく安心できますね。

 

担保なしで即日融資可能

 

審査がないため、担保を設定する必要がありません。
急にお金が必要になった時でも、手続きを済ませたらすぐに借入できます。

 

カードローン利用のデメリットは?

利息はかかる

 

手数料はかからなくても、利息は設定されるので借入額より多い金額を返済することになります。

 

返済が長引きがち

 

追加で融資が受けられる分、借入額を増やしていくと分割返済の期間が伸びます。
完済までの期間が伸びるので返済がなかなか終わらない状態に陥ってしまう危険があります。

 

”借金をしている”という意識が持てない

 

全国の銀行やコンビニなどのATMで引き下ろせるため、自分の口座からお金を下ろしている・預け入れていると思い込んでしまいます。
カードローンはあくまで借金ですから、意識しておくようにしましょう。

 

金利は高めで、遅れれば遅延金が発生

 

返済期間が伸びる分、金利が高ければ返済する金額も多くなっていきます。
返済が止まってしまうと遅延金が発生するため更に返済額が加算されていくので、上限額と借り入れ額、自分の返済可能な金額に注意しましょう。

上手に利用しましょう!

限度額は収入に応じて変化し、返済できると判断された範囲の収入の3分の1で設定されます。
しかし、大半の人は収入の全てを返済に回さず、生活費や貯金、仕送りなどに割り振るでしょう。

 

限度額に余裕があるからと借入れを繰り返さず、上手にカードローンを利用しましょう!

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら