カードローン 借り入れ方法 返済方法

借り入れと返済方法

カードローンの審査に通って実際に借りるとなった際、どのような借り入れ方法があるのでしょうか?また返済方法についてもしっかり確認しておきましょう。

 

借り入れ方法

借り入れ方法には振り込みキャッシングATMでのキャッシングの2つの方法があります。

 

振り込みキャッシング

振り込みキャッシングとは、会員サービスにログインして手続きをすれば指定した銀行口座に借りたい金額を振り込んでくれるサービスです。口座にお金が振り込まれれば、自分の口座からお金を下す感覚でお金を手にすることができます。

 

カードローン会社によっては24時間いつでも手数料が無料だったり、振込先の銀行によっては瞬時に振り込んでくれるところもあるので、深夜に急ぎでお金を借りたいときなどにも大変便利です。ネットだけでなく電話でキャッシングすることも可能なカードローン会社もあります。

 

ただし、曜日や時間帯によってはメンテナンスでサービスが利用できない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

 

ATMでのキャッシング

窓口やカードローン会社のATMから借り入れをすることもできますが、借りているところを誰かに見られたらどうしよう…と不安に思う人もいると思います。

 

そんな人でも安心して利用できるのが、銀行やコンビニにある全国の提携ATMからのキャッシングです。契約したカードローン会社と提携している銀行やコンビニATMを利用すればカードローン会社の窓口やATMにわざわざ出向かなくてもいつでもキャッシングができる上、カードローンを利用しているということがバレることもないでしょう。

 

ただし、提携ATMを利用する場合は手数料がかかることもあるので注意しましょう。

 

借り入れが便利になった分ついつい気軽に利用してしまいそうですが、返済計画をきちんと立てて利用しなければ大変なことになってしまいます。では、次に返済方法について説明していきましょう。

 

返済方法

返済方法には銀行振込、口座振替、ATMからの返済といった方法があります。

 

銀行振込

金融機関の指定口座に振り込みをする返済方法です。ネットバンキングを利用している場合は、パソコン、ケータイ、スマホからいつでもどこでも返済が可能です。土日や金融機関の営業時間外でも瞬時に処理が完了するので、その後の追加の融資を受けることもできます。

 

ATMから振り込みをしている時間がない!という時はぜひ利用したいですね。利用できるインターネットバンキングについては各カードローン会社の公式サイトを確認しておいた方が良いでしょう。

 

口座振替

ついつい振り込みを忘れてしまいそうになる人には、指定した銀行口座から毎月返済額を自動で引き落としてくれる口座振替がおすすめです。ただし、引き落とし日に残高が足りなかった!なんてことがないようにくれぐれも注意しましょう。

 

ATMからの返済

全国の銀行やコンビニの提携ATMからも返済することができます。特定の銀行やコンビニに設置してあるメディア端末を利用すれば、手数料が無料で返済ができる場合もあります。

 

返済し忘れたり返済が遅れてしまうと、信用情報に傷がついて次の機会に融資を受けることが難しくなってしまう場合もあります。自分に合った返済方法で、滞りなくきちんと返済していきましょう。

カードローンの返済方式

返済方式とは毎月の返済額を決めるための計算方法のことです。カードローンにはさまざまな返済方式があり、カードローン会社によって違ったり、内容は同じでも呼び方が会社によって違う場合もあります。一般的な返済方式をいくつかご紹介しましょう。

 

元利均等方式

元利均等方式とは、借りたお金の返済額と金利を合わせ、毎月一定の金額を支払っていく方法です。計画的に支払えるというメリットはありますが、返済開始当初はほとんどが利息に消え、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

 

この返済方式は主に住宅ローン、教育ローンなどまとまった金額の借り入れに適用されることが多いです。

 

元金均等方式

元金均等方式とは、毎月元金の返済額は一定ですが、その時の借り入れ残高に利息をかけていくので、利息分の金額が毎月変動します。また、借りはじめは借入残高が多いので金利支払い額も大きくなり、返済負担は大きくなります。

 

借入残高が減ると共に金利負担も減ります。元利均等方式よりは金利の支払合計額は少ない返済方式です。

 

分割払い

分割払いは、借り入れた元金にあらかじめ利息を足して、それを分割する回数に分けた金額を返済していきます。返済は毎月一定になるように計算されますが、一度の利用ごとに計算されるので、返済が重複すると毎月の支払金額も重複して返済が大変になります。

 

また、毎月一定額の返済で計画的に利用できそうに思えますが、金利が高めであることが多く、金利負担が多くなりがちです。

 

リボルビング払い

リボルビング払いは、カードローンの返済方式として最も多い返済方式です。リボルビング払いとひと言に行ってもその形態は複数あり、大きく分けて「定率リボルビング方式」、「定額リボルビング方式」、「残高スライドリボルビング方式」があり、さらにこれらの内容も細かく分かれています。

 

中でもカードローンでよく使われるのが「残高スライドリボルビング方式」です。その中でももっともよく利用されるのが「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド元利定額リボルビング方式とは、借り入れの残高が一定範囲で段階的に分けられ、それに応じて返済額が変動する返済方式です。

 

たとえば10万円以内なら毎月5千円、10万円以上20万円以内なら8千円といった感じに10万円増すごとに3000円ずつ毎月の返済額が増えて行くという仕組みです。元金が減少しにくいデメリットがあるものの、限度額内なら何度でも借りる、返すを繰り返せるカードローンに一番合っている返済方式です。

 

 

どの方式が良いかは価値観や生活スタイルによっても異なりますが、きちんと返済できる計画を立て、金利負担が少なく済む返済方式を選ぶといいでしょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら