カードローン 不安 在籍確認

恐がる必要はなし!

在籍確認は怖がる必要なし!

カードローンからの在籍確認は、正直に言ってしまうと不安だらけですよね。バレないように配慮してくれるし自分がいると分かればそれで終わり、そう分かってはいるもののバレたらどうしよう…在籍確認がうまくいかなかったらどうしよう…そう不安になりますよね。

 

安心してください。思っているほど在籍確認は厳しいものではありませんし、怖いものでもありません。必要以上に心配するものではありません。昔は「(会社名)の○○ですがー…」なんて電話をされてきたこともあるそうですが、今はそんなことをしてくる会社はありません。会社側もプライバシーや会社での立場等をきちんと配慮してくれます。

 

それに、在籍確認は会社側もとても気を遣うポイントなのです。もしも貸金業者だと分かりやすいような在籍確認を行ってしまうと、「○○って会社、借りる人のことも考えないで〜…」なんて悪い口コミが流れてしまいますよね。

 

貸金業者は口コミが大事な部分もあります。あそこは駄目だ、なんて噂が広まってしまえば借りてくれる人が減ってしまいます。悪い口コミが広まって会社の信用に傷がついてしまうことは貸金業者にとってもマイナスとなるので、在籍確認などの作業にもとても気を遣うのです。

 

会社側からもとても気を遣ってこちらに在籍確認を行ってきますので、何の心配もいりません。まずは何も不安に思うことなく、安心して在籍確認の電話を待ちましょう。裏を返せば、在籍確認があるということは審査が順調に進んでいるということです。在籍確認はいわば最終確認のようなものなので、在籍確認さえ終わってしまえば借り入れまであと少しです。在籍確認に対してあまり不安に思わず、安心して受けてくださいね。

不安な場合は言い訳を用意しておく

在籍確認の電話は貸金業者が配慮して電話をかけてくれるのでまずバレることはありませんが、自分あてに電話がかかってくることが滅多にないなど、電話を取った人に怪しまれてしまう場合もあります。また、会社によってはセールスの電話か何かだと思って本人に取り次がず「そのような者はおりません」と言って電話を切ってしまうというケースもあります。
会社の人に怪しまれてバレるかもしれない、怪しい電話だと思って取り次いでもらえないなどの不安がある場合は、事前に電話があるかもしれないということを伝える時の言い訳を考えておくといいでしょう。

 

クレジットカードを作ったと言う

クレジットカードを作った場合にも在籍確認を行うことがあります。クレジットカードを作ったので、自分あてに電話がかかってくるかもしれないということを会社の人に伝えておけば、怪しまれることもなく電話をつないでくれるでしょう。

 

車のローンを組んだことにしておく

車のローンでも在籍確認を行う場合があります。カーローンの場合はないことの方が多いかもしれませんが、会社によってさまざまですのでそれほど不自然ということもないでしょう。でも車を買ったわけではない、今乗っている車はかなり前から乗っている、という場合は「家族の車のローンを自分名義にした」「家族の誰かの車のローンの保証人になった」「自分の車のローンを借り換えした」ということにするという手もあります。

 

また、言い訳ではありませんが以下のような対策法もあります。

 

在籍確認の電話の時間を調整する

貸金業者に言えば、在籍確認の電話をかける時間帯を指定できる場合があります。絶対というわけではありませんが、大手の消費者金融であれば代々何時ごろに電話してほしいと伝えておけば聞いてもらえる可能性は高いです。要望を伝えて、必ず自分が電話に出られる時間にしておけば安心ですよね。

 

電話連絡のないカードローン会社を利用する

在籍確認の電話がかかってさえ来なければ、何も心配することはありません。それには電話連絡を行わないカードローンを利用するという方法があります。モビットでは、WEB完結申し込みを利用すれば電話連絡なしで済みます。

 

ただし、これにはモビットと提携している銀行(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行)の口座を持っていること、その口座を利用しての振り込み貸付、口座振替での返金をすることという条件があります。どうしても会社に電話をかけてきてほしくないという場合は利用してみるのも一つの手です。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら