カードローン 返済が遅れるとどうなる

返済が遅れるとどうなる?

カードローンで借り入れをしたら、借りたお金はきちんと返さなければいけません。では、万が一返済が遅れてしまうとどうなるのでしょうか?

 

遅延損害金が発生する

カードローンの返済が遅れると、通常の利息に加えて遅延損害金が発生します。

 

遅延損害金は通常の利息よりも高い金利が設定されており、返済期日から遅れた日数分だけ発生します。返済が遅れれば遅れるほど返済しなければならない金額が大きくなるので、なるべく早めに返済した方が良いでしょう。

 

カードローンが利用停止になる

延滞中は新たな借り入れができなくなります。延滞を繰り返したり、延滞期間が長くなると借入が完全に停止されます。

 

カードローンを組んでいても利用停止となり、返済しかできなくなる場合があります。

 

ブラックリストに載る

延滞期間が長くなると信用情報機関に延滞している事実が事故情報として記録されます。これがいわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

 

支払が遅れればすぐにブラックリストに載るわけではありませんが、一般的に3ヶ月以上返済が滞ると事故情報として登録される可能性が高いです。一度延滞情報が登録されると約5年間その情報は消えません。

 

ブラックリストに載っている間は、他社で借り入れをしようと申し込んでも審査に落とされてしまう可能性が高いです。カードローン会社によってはブラックでも審査に通ることがあるかもしれませんが、一度ブラックリストに載ってしまったら、まず5年間はどこからも借りられないと思った方が良いでしょう。

 

返済が遅れた場合にカードローン会社が取る対応

また、カードローンの返済が遅れると、カードローン会社は次のような対応を取ります。カードローン会社からの連絡を無視し続けると大変なことになってしまいます。

 

ハガキや電話による督促

返済が遅れると、返済日の数日後にハガキや電話での督促が来ます。自宅や携帯電話がつながらない場合は勤務先にかかってくる可能性もあります。

 

この時点では、忘れているだけかもしれないのでまだカードローン会社もプライバシーに配慮した丁寧な対応をしてくれます。

 

督促状の送付

ハガキや電話による督促を行っても返済がされない場合は、督促状が自宅に送られてきます。自宅に督促状が届くと、借金をしていることが家族にバレる可能性があります。

 

督促状を無視していると取り立てが来ます。

 

取り立て

取り立てとは、借金の返済を迫ることを言います。取り立て行為自体は法律で制限されているので暴力を振るわれるようなことはありませんが、借金を返済する義務があるのでいつまでも無視し続けることはできません。

 

取り立てにも応じない場合は、全額一括請求が行われます。

 

全額一括請求

返済を延滞し続けていると、期日を設けて借金を全額一括請求されます。一括で請求されても返済できない場合がほとんどなので、差し押さえの法的手段が取られます。

 

差し押さえ

返済遅延が長く続くと、最終的に差し押さえが行われます。一般的には給料の差し押さえが行われます。給与は手取りの4分の1が差し押さえられることになります。一度の差し押さえでまかなえなかった場合は、翌月の給料も差し押さえられます。また、銀行の預金口座も差し押さえの対象となります。

 

差し押さえは裁判所の許可のものとおこなわれる法的処分なので、拒否することはできません。

 

 

カードローンの返済が困難になった場合は、なるべく早めにカードローン会社に相談してみましょう。ハガキや電話による連絡を無視することは絶対にしてはいけません。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら