カードローン 銀行 消費者金融

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何?

銀行カードローンと消費者金融カードローンはどちらの方が良いの?

 

『どちらで作っても同じじゃないの?』と思う方もいるかと思いますが、決してそうではないんです。

 

この両者、違いが結構あります。

 

 

 

利便性では?

 

利便性という点だと、消費者金融が良いでしょう。

 

”審査の早さ・融資までの時間・借入・返済の簡単さ”色々な面で消費者金融が優れていると言えます。

 

 

例を挙げると…

 

 

ローン申込機で申込

 

結果連絡 → 審査結果確認 → 申込書郵送 → 返送 → 手続き完了

 

 

以上が申し込み手順になります。
これまでの早さは、銀行カードローンでは実現できない早さです。

 

借入・返済はコンビニのATMからできます。
更に便利なのが、銀行でよく見かける”時間外手数料”が無いという点です。

 

 

 

金利の計算方法が違う

 

両者を比べると、金利の計算方法も異なります。

 

カードローンの返済方法は大体どこも同じで、毎月決まった金額を決まった日に返済します。

 

例えば決まった金額が1万円だとします。
その金額1万円の中に、元金と利息が含まれます。
50万円のカードローン返済であれば、1万円のうち約半分が利息になります。

 

しかし、銀行と消費者金融では金利の計算方法が異なります。

 

高額にならなければ、金額的にそれほど違いはでませんが、銀行の計算方法の方が支払利息が少ないです。

 

銀行は、”元利金等返済””元加方式”という計算方法になります。

 

返済額は同じでも、その内訳の元利金の割合は毎回異なります。
その時点でも元金に対して利息が計算されるので、返済が進む程に、返済額の中の元金部分が増加します。
どこでも計算方法は同じなので、ある意味単純と言えますね。

 

 

消費者金融は”リボルビング返済”という計算方法になります。

 

これは、当初借入金額に対して金利が掛けられ、その利息を元金と合わせて毎月返済していきます。
基本的に元利金の割合は毎月変わりません。

 

ただし、会社により”定率リボルビング” ”借入スライドリボルビング” ”残高スライドリボルビング”などの計算方法あり、内容はそれぞれ少し違います。

 

 

 

適用される法律が違う

 

最後は、適用される法律についてです。
今はここに大きな意味合いがあります。

 

  • 消費者金融=貸金業法
  • 銀行=銀行法

 

によって規制されます。

 

2010年6月には改正貸金業法が完全施行されています。
いわゆる”総量規制”ですね。

 

この施行により、消費者金融などの貸金業者からの借入は年収の3分の1までになります。
カードローンは借入額で無く設定額での判定なので、年収600万円であればカードローン枠200万円が限界です。

 

すでにそれ以上借りているのであれば、年収の3分の1の範囲内に収まるまで返済しかできないということです。

 

しかし、銀行カードローンはこの法改正に関係しません。
そのため年収に対する制限はないです。

 

もちろん、審査においては年収に対する借入金の割合は重要視されます。
ですが法的に制限されないので、少し位オーバーしていても何とかなる可能性あります。

 

 

 

今カードローンを作るなら・・・

 

銀行と消費者金融

 

今カードローンを作るのなら銀行がおすすめです。

 

1番の理由は”総量規制対策”です。

 

今のうちに銀行でカードローンを作って、それを使って消費者金融の残高を減らしておけば、必要な時に消費者金融の枠を使うことも可能です。

 

”それぞれのカードローン上手に使いこなす”それが1番賢い方法と言えますね。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら