カードローン ブラックリスト

ブラックリストとは

ブラックリストとは

「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にブラックリストがどういうものなのか詳しく知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

実は、「ブラックリスト」というリストは実際には存在しません。

 

ブラックリストと言うのは一般消費者が名付けた名前で、金融機関ではブラックリストのことを「事故情報」と呼んでいます。

 

ここでいう「事故」とはカードローンやクレジットカードの返済が数か月遅延した場合などのことを言います。この事故が起きた事実は信用情報機関に事故情報として記録されます。事故情報は一度登録されてしまうと一定期間抹消されず、情報が登録されている間はお金が借りられなかったり、新規の融資の審査に通らないといった状態になります。

 

しかし、事故情報は永久に消えないというわけではなく、一定期間が経過すれば登録は末梢されます。抹消されるまでの期間は事故情報の内容や信用情報機関によって異なります。

 

延滞

残高不足で引き落としができなかったり、入金が間に合わないなどローンの返済期間までに返済が間に合わないことを延滞と言います。少しぐらいの遅れであれば事故情報に登録されない場合もありますが、一般的に3ヶ月以上遅れると事故情報になると言われています。

 

遅延の事故情報が登録される期間は1〜5年とされています。

 

債務整理・自己破産

任意整理や自己破産と言った債務整理を行った場合も、契約内容に関する情報のほか、延滞情報や債務整理を行った事実が事故情報として記録されます。

 

登録される期間は任意整理の場合は5年、自己破産は5〜10年とされています。

 

 

なお、これらの期間は延滞や債務整理などが解消してからの年数になります。返済が完了していない、免責が下りていない間は事故情報は残ったままなので注意しましょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら