カードローン バレる?

カードローンを利用すると家族にバレる?

カードローンを利用すると家族にバレる?

カードローンを利用するということ自体は決して悪いことではないのですが、世間的なイメージもあって親や会社にバレると色々と大変だったりもします。それでなくてもカードローンを利用していること自体、マイナスのイメージで見られてしまいます。

 

ですが、基本的にカードローンを利用しているということは他人にバレるような事はありません。カードローン会社から電話がかかってきても、他人に要件を伝えることはありません。たとえ在籍確認をするような場合でも「後ほど電話をさせていただきます。」という旨の電話がされるだけで、消費者金融やカード会社からの電話という事は言いません。カードローン側にとっても、会社に在籍しているということさえ分かれば良いのです。

 

家族にバレないようにするには

カードローンを利用している事を、家族に知られたくない場合はどうすればいいのでしょうか。

 

契約書類が家に届かないようにする

自宅に契約書類などの郵便物が届いたせいで家族にカードローンを利用したことがバレてしまったというケースはよくあります。これを回避するには、インターネットから申し込みを行うといいでしょう。インターネット上の申し込みでは入力フォームに必要事項を入力するだけなので、簡単で早く申し込み手続きが完了します。

 

本人確認の連絡先は携帯電話にする

審査の際、本人確認のために電話がかかってきますので、申し込みの時に連絡先の電話番号欄には携帯電話の番号を記入しておくようにしましょう。

 

カードが家に届かないようにする

カードローンで契約をすると貸金業者からローン専用のカードが発行されます。申し込みとは違って現物を受け取る必要があるので難しいと思われるかもしれませんが、これは無人契約機、または店舗を利用することでクリアすることができます。

 

申し込みをネットで済ませ、審査後の連絡時にカードを取りに行きたいという旨を伝えるだけで、あとは店舗に出向いて受け取りに行けばOKです。少し面倒ですがこれが一番確実な方法です。

 

明細書が家に送られてこないようにする

申し込みを終えて審査に通り、カードを受け取ったからといって油断してはいけません。お金を借りる時に提携ATMなどATM上で借り入れをする場合はその場で明細書を発行すればいいですが、振り込みで融資を受ける場合は自宅に明細書が届くことになります。

 

自宅に明細書が届かないようにするには、ATMで借入返済を行うようにする利用設定をメールやWEB明細にしておくなどしておくといいでしょう。また絶対にバレないように銀行口座を開設しておくという方法もあります。特にネット銀行などなら返済もネットからできる場合も多いので便利です。ただし口座開設に時間がかかる場合もあるので、事前に調べておいた方が良いでしょう。

 

支払催促が来るような事態は防ぐ

家族にバレてしまったりするのは、返済が遅れてしまった場合に催促の電話があったりするからです。また、複数の会社からお金を借りてしまったり、あまりに延滞をして催促の手紙が来たり、最終的に差し押さえされるようなこといなってしまえば、当然、家族にバレてしまいます。家族にバレないようにするなら、計画的に借入れし、返済期日を必ず守って無理のないように返済をしましょう。

 

急な出費でお金が必要になることはよくありますが、やはり世間の風潮としてカードローンを利用していることはあまりイメージがよくありません。カードローンというものは計画的にきちんと返済すればバレることはありません。

 

勧誘電話や勧誘ハガキを停止してもらう

一度カードローンを利用すると、金融業者から勧誘電話や勧誘ハガキが来ることがあります。せっかくバレないように気を付けていたのに自宅に勧誘電話がかかってきたり、ハガキが届いてしまっては意味がありませんので、お客様専用ダイヤルに電話をして勧誘電話や勧誘ハガキを停止してほしいと伝えましょう。金融業者によっては「電話連絡なし」「郵便物なし」というところもありますので、そういうところを利用すると良いでしょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら