悪徳業者の見分け方

悪徳業者の見分け方

カードローンの会社を利用してお金を借りようと考えている方、悪徳業者には騙されないようにお気を付けください。

 

悪徳業者とは、法外な金利でお金を貸し付けてきたりして、利用者からお金をどんどん巻き上げる会社のことです。
利息に関する詐欺も多くなっていて、これに騙されて利息ばかり払わされ、結局は元金がなかなか減らなくて苦しんでいる方もいます。

 

悪徳業者は、困っているあなたに対して、最初はとても良い条件を持ち掛けてきたりします。
その良い条件を売りにこちらに提示してきます。「上限金額なし」、「他の会社で落ちても大丈夫」、「金利1.0%〜」など。
困っている人は目に留まってしまうような内容ですしかし、こういった甘い言葉で騙してくるのが悪徳業者なのです。

 

上限金額のない会社なんてありえません。また、金利が1.0〜といっても最高金利書いてありませんよね。なので、数日は低金利で貸しておいて、その後に10日で1%ずつ上がっていくとかいう事が多いそうです。
恐ろしいことに日に日に利息が上がるというわけです。
最初は利息なしと言っていたのに、支払期限を過ぎてしまったらいきなり法外な利息が付き始めたといったように、悪徳業者に騙されてしまった人は結構いるんです。

 

お金を借りるはずが悪徳業者に騙されてお金が巻き上げられるなんて絶対に嫌ですよね。
正しい知識を付け、有料会社と悪徳会社の見分けが付けるようになりましょう。

 

次に、騙されないために悪徳業者の見分け方をご紹介いたします。

 

悪徳業者の見分け方

広告に注目をする

カードローンでお金を借りようと思って探す場合、雑誌で広告を見たりすることもあると思います。
そのときはその広告に注目してみてください。そこに、その業者が悪徳業者かどうか見極めるヒントが隠されているのです。
例えば、「ブラックリストでも大丈夫」であったり、「絶対に貸します」、「利息なし」などといった、困っている人が見ると今にも飛びつきたくなるようなフレーズの数々。
これは大変危険です。このような甘い宣伝文句を流すことが特徴になっています。
ブラックリストでも大丈夫という事は、審査なしでOKという事と同じですからね。そんなこと普通の貸金業者はしませんよね。必ず確認と審査を行って、貸しても大丈夫だと判断した人にしか貸しませんよね。
普通の業者ではありえないような低い金利、また審査の甘さや審査をしないと言ったようなことをうたい文句の広告があれば、その業者は悪徳業者の確率が大変高いと言えるでしょう。

 

電話番号を確認する

広告だけでなく、チラシなどで宣伝を行う業者もあります。
そこには、かならず電話番号が書かれていますよね。この電話番号に注目してみてください。
電話番号が、090や080から始まる携帯電話番号ではないですか?こういった携帯番号を記載している会社も悪徳業者の確率が極めて高いと言えます。
過去にも「090業者」「080業者」と呼ばれていたこともあったりと、結構有名かと思われます。
携帯電話という物はいつでも解約できます。また、電源を切ってしまえばつながることはありませんよね。つまりは、いつでも逃げられるということなのです。
法外な金利で貸し付けられて弁護士などに相談しても、携帯が通じなければ何もできなくなってしまいます。
このような事例がが多発しているので、業者の電話番号に携帯の電話番号が記載されている場合は悪徳業者の確率が大変高いと言えます。

 

すぐにその場で見極めるためのポイントは以上です。
これだけでは分からない場合、金融庁などに問い合わせをすることによって、金融業者が登録を済ませているかなどを聞くことが出来ますので、利用をしてみましょう。

 

ですが悪徳業者に引っかからない為に、まずは有名な大手企業や大手銀行から借り入れを行いましょう。
その方が確実に悪徳業者ではありませんし、安心ですよ。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら